古民家で味わう手打ちそばとふみふみうどん
− 沿 革 −
  「町家の食べ処 福わらし」として生まれ変わった「米長呉服店」は、幕末、山形の米沢(よねざわ)
 より、福岡町に移り、呉服を商う。隆盛をきわめ、「まいちょうさん」と呼ばれ、長く親しまれる。
 福岡町商人。米沢家の総本家。分家さんは「よねちょうさん」と呼ばれます。


■明治三十八年  「米長呉服店」建築、築百十年
  当時、地元には大きな木材がなく、四国より運び込む。丸い材木のまま、四国より船で石巻まで移送
 され、馬橇三十台で七日かけ福岡町まで運ばれた。当時、お向かいの金次屋さんのところで開業していた
 福岡町第一号の設計士「田丸大工」さんが、「米長」さんを設計、建築した。福岡町で、大きな商家建築
 は「米長」さんが最初である。梁は、楔(くさび)でとめられ、釘は使われていません。
 昭和三十四年、今様風に改装されましたが、柱や梁はそのまま残されました。
  此の度、屋敷三分の一を占めていた「米長」さんの南側座敷を取り壊し大型バスが入れる駐車場を作り
 ましたが、二階の、かつて着物の展示会を催したという西側座敷の一部は、当時の趣を残し、お客様をお
 迎えできますよう改修いたしました。また、二階東側のお蚕部屋スペースも、明治三十八年風情を残し、
 改修いたしました。

 平成二十四年四月二十日  「町家の食べ処 福わらし」開店
  久慈市の老舗繁盛そば店「鬼は内」さんにて、そばの打ち方、返しの作り方(鬼は内さんの返しを、
 福わらしの大甕に分けてもらい、仕込んで使っています)、天ぷらの揚げ方、盛付けの仕方等について、
 修行、伝授をうけました。また、商家「米長呉服店」さんを、古民家再生し、手打ちそば、ふみふみ
 うどん、蟹ひっつみ、でっけえおにぎり、唐揚げなど、地元食材にこだわり、メニューも豊富に「町家
 の食べ処 福わらし」を開店いたしました。


 「おかえりなさい」の懐かしさと、いにしえの風情を感じながら、また、かつての福岡町商人の魂、
 息吹を感じながら「町家の食べ処 福わらし」のお食事をご堪能いただけますことを、スタッフ一同、
 心より願っております。お越しいただきまして、誠にありがとうございました。
− こだわり −

■店名「福わらし」の「福」には、「幸福の福」、「福岡の福」、「福祉の福」、「呉服屋の福(服)」
 の意味を込めました。

 「わらし」は、二戸市のシンボル「座敷わらし」から名付けました。福を呼ぶ、「座敷わらしも立ち
 寄るお店」を目指します。

 また、地域において、こどもの存在そのものが「幸福」であり「宝」です。
 さらに、福祉に携わる法人として、障がいをもつ子を授かった親が、自らの子を「福わらし」と思える
 ようになるよう、優しく温かく愛情にみちたお店にしたいと願っています。


      ***みなさんのまわりが福でいっぱいでありますように***

■粉は、「鬼は内」さん同様、国産、北海道産を使っています。
■麺は、手打ち、自家製麺でございます。営業日早朝より打ってございます。
■予約団体のお客様以外、お料理については、「鬼は内」さん同様、ご注文をいただいてからの調理と
 なります。

■水は、井戸が、敷地の真ん中にありました。麺づくり、調理、洗浄等にありがたく、使わせていただい
 ております。戦後、東側お向かい住宅辺りに、ラムネ工場がございまして、地下水が使われておりました。
 水脈は同じものかと思われます。水質、水量ともに良く、東日本大震災時にも水量をよく保ちました。

■小上がりにある薄赤褐色の踏み石は、爾薩体石です。柱の土台石に使われておりました。二戸市仁左平
 から運ばれ、きれいに砕石されたようです。水で洗浄し、踏み石として使わせていただいています。

■障害をお持ちの方もスタッフとして働いています。
■IGR定期優待店舗でございます。

  お気づきのことがありましたなら、なんなりと、お近くのスタッフにお声をかけてくださいませ。
 またのご来店を、心より、お待ち申し上げており
ます。今後とも、よろしくお願いいたします。

SHOP INFO
〒028-6101
岩手県二戸市福岡字中町7番地
Phone : 0195-43-3980

営業時間
 11:00〜16:00

休み
 毎週 火曜日(変更有)
 福岡九の市日は営業します。
CALENDER
  


Copyright (C) 2019 Hukuwarashi All Rights Reserved